<無料音声講座>

疑問、質問の答えがここにあります

この合氣道Q&A集は、単に合氣道の上達に関する疑問や質問だけに答えるものではありません。

「合氣道の上達は人間性の成長と比例する」

私はそう考えています。

ある程度のレベルであれば、人間性とは関係のない範囲で上達できるでしょう。

しかし、今の自分のレベルを向上させたいと本氣で願うのであれば、ただ形をまねるだけで終わるような表面的な上達ではなく、根本的な人間性から表現される力のレベルアップを目指すことで、合氣道は日常での悩みや問題すら解決できる力を育てる事が可能です。

この合氣道Q&A集は合氣道の上達と人間的成長の両方を目的としたもので、別名「人間力レベルアップ講座」としてお伝えしていきます。

無料音声講座にした理由

最初はPDFに全ての質問と私からの解答をまとめる予定だったのですが、書き進めると大変な量になり、これを全部集中して読むにはかなりの労力が掛かると思ったので、そこまで書き上げたものは全て捨て、ひとつの質問に対して答える形の音声配信講座をすることにしました。

音声であれば私の感覚的な表現も伝わりやすいことや、PDFとしてまとめるよりも時間が短縮されるという利点があったので、この形を取ることに決めました。


この音声講座を聞いてもらえれば・・・

この「合氣道Q&A集・人間力レベルアップ講座」を聞いてもらえれば、こんなものが得られます。

今、行き詰っている合氣道の課題解決

合氣道の稽古を続けていると、どうしても越えられない壁が出てきます。

正確に言えば越えたくない壁と言っていいかもしれません。

越えられないと思っている壁は、あることをしないと越えられません。

それは自分の価値観を変化させることです。

自分の価値観を変えるということは、今の自分を否定することになります。

だから越えたくないのです。

越えるには今の自分を変える必要があるので、もし何かから逃げている自分がいれば立ち向かわないといけないでしょうし、もし何かを怖がっているなら勇氣を出さないといけないでしょう。

壁を越えなければ、外の世界は見えません。

今ある課題を解決したいと本氣で思うのであれば、今の自分の感覚を問い直してください。

その感覚と向き合い新たな感覚を得て、自分を変化させてください。

これから行く手を阻むであろう、
合氣道の上達をさえぎる壁(課題)の攻略ポイント

目の前にある壁を越える方法は、価値観を変化させることがポイントだとお伝えしましたが、できれば壁にぶつからずに進めれば、それに越したことはありません。

ぶつかってから変化することの利点は、変えないといけない所がしぼり込めることです。

ぶつかればぶつかったところを中心に考えていけば問題点は導き出せます。

しかしぶつかる前に壁を回避するためには、もっと大きな視野が必要になるのです。

ピンポイントで問題点が分からないのであれば、それ以上の大きなもので包んでしまえば、小さな問題点もカバーしてしまうことが出来ます。

何の事だかさっぱり分からないかもしれませんが、そんなトラブルを先回りして完全に回避する方法を、この合氣道Q&A集で学んでみてください。

人間的な成長に必要となる多角的な視点

人が成長するためにはいろんな要素が必要になります。

例えば、必死に足の筋肉だけを鍛えれば、足の筋力は上がるかもしれませんが、バランスが悪く力の流れもスムーズにいかなくなり、役に立たないものになります。

1つの事だけに執着してしまうことは、これと同じでとても危険なことです。

そこには1つの正しさしか信じれなくなる心が育ってしまいます。

他を見ないことは、足の筋肉だけが異常に発達したバランスが悪い状態と同じで、何かを表現しようとしても上手に表現できなくなってしまいます。

色んな視点を持つことは、正しさが無数にあるということを知ることではないでしょうか。

私が正しいと思っている事と、他の人が正しいと思っている事ではズレや違いがあります。

しかし、自分と違うからと言って相手を否定してしまえば、それは一方的な視点となり、相手の意見や考え方から学ぶことが出来なくなります。

それでは自分の殻を破るような大きな成長は出来ません。

どんどん殻を分厚くするだけです。

そんな、自分だけの考えを正しいと思っている、偏屈で頑固な人間になることを避けるには、多角的な視点が必要なのです。

そんな多角的な視点をあなたも手に入れてみて下さい。

自分を客観的に見る力

人は誰かの真似をすることで成長します。

出来ている人を観察してそれを真似る事で、自分の能力へと変換していきます。

しかし、今の自分の姿を把握することが出来なければ、いくらモデルが素晴らしくても、それを再現することは不可能です。

自分の状態が掴めなければ、真似るための土台が無いのと同じだからです。

「粘土で像を作りましょう」そう言われて像を観察しても、粘土がどこにあるのかわからなければ作れません。

しっかり粘土を自分の手の中で、外から見た視点で像を形作らなければいけないのです。

そして、「粘土との距離1㎝」そんな視点では像は作れません。

しっかり自分と言う粘土で何かを形作るには、ある程度の距離から見る必要があるのです。

自分と言う粘土の使い方をしっかり学び取りましょう。

相手の細部を感じ取るための知恵

「相手の細かな部分に目を向ける」それをするにはある条件が必要です。

その条件を満たさなければ、相手の細かな部分に意識を向けることすら出来ません。

その条件とは「心の落ち着き」です。

相手を細かく観察できれば、相手を細かく真似ることも出来るでしょう。

そして相手が何を求めているのか、どの方向に進みたいのか、何を氣にしているのか、どこが問題なのか、どうすれば改善できるのか・・・

そんなことまで見ることが出来るのです。

その力を手に入れるには、まず自分の心を静める必要があります。

水面が波立っていては、そこに映る月は鮮明ではなく、どのような月なのかが分かりません。

心と言う水面を静めて、きれいに相手を映し出すことが出来るからこそ、相手の細かな部分が見えてくるのです。

そんな穏やかで静かな心と、相手を見極める目を手にしてみませんか。

自分と相手をつなぐために必要な考え方

合氣道では自分と相手を繋ぐ感覚が大切になります。

合氣道の経験がない人にはピンとこないかもしれませんが、相手が動き出す瞬間を感じ取るには、常に相手と感覚を繋げておく必要があるのです。

相手の動きを目で確認してから動き出していては、相手にやられてしまいます。

相手が動き出す前の一瞬の変化を感じるには、相手と共有する何かが絶対に必要です。

心を静めて相手と向き合うことで、相手が動き出す前に変化するものを感じ取れるようになり、感じ取る稽古を続ける事で、相手との繋がりを感覚で分かるようになってきます。

心を静めて相手と向き合い、考えずに感じ取ることが出来れば、相手の動きよりも早くあなたが行動に移れます。

そう、感じることです。

考えていたのではその時点で相手との繋がりは切れています。

考えずに感じること・・・

ブルース・リーのようですが、まさしくその通りなのです。

そんな感覚の重要性を学び、その感覚が必要と思うことが出来たなら、人は自然にそこへ近づいていくでしょう。

合氣道上達には欠かすことのできない稽古方法

色んな稽古の方法があります。

今あなたは最高の稽古方法で合氣道を学んでいますか?

もしも最高の稽古方法を知っているなら、最高の結果が目の前にあるはずです。

しかしそうでないのであれば、最高の稽古方法を知ってください。

最高の稽古方法と言っても、今あなたが稽古している事に少し足すだけです。

そんなに難しいことではありません。

そのちょっとの違いと大きな結果の差をこのQ&Aでお伝えしていきます。

合氣道を日常に活かすための応用術

合氣道をどう日常に活かすのかを丁寧に教えてくれる道場はないと思います。

合氣道を稽古する場なのですから、そこで生き方ばかりを教えられたら、合氣道の道場ではなくなってしまいます。

では、どうすれば合氣道を日常に活かす方法を学ぶことが出来るのか・・・

それは、合氣道の原理原則を日常に重ね合わせることです。

「そうはいっても・・・」

そんな声が聞こえてくるようですが、確かに私もすべての事に合氣道の原理を重ね合すことは出来ません。

なぜなら、したくない事はどうしたってしたくないからです。

したくない事に合氣道の原理を重ね合そうとは、どうしても思えません。

理想は全ての出来事に合氣道の原理を重ねて、その原理に従って対応できればいいのですが、私たちは感情の生き物「人間」です。

感情を完璧にコントロールすることが出来れば、合氣道を稽古する必要はないでしょう。

その時点ですでに常人の域を超えています。

出来ない事を頑張ろうとするのではなく、できる事で自分の能力を伸ばす方が効率的です。

現実にしたいと思っている「夢」や「希望」と言うものを得るための行動に合氣道の原理を重ねてみて下さい。

そうすることで、欲しいものを得るために学び変化するのですから、必ず出来るはずです。

欲しいものを得るためなら、今までしていなかったことでも必ず出来るようになります。

そこに合氣道を使ってください。

日常を日常として守るのではなく、日常を壊すために日常と向き合う。

その為に合氣道があります。

変化を求めて生きることが合氣道を学ぶ意味です。

もしあなたが求める日常を手に入れたいのであれば、合氣道を重ねてみてください。

きっと理想に一歩ずつ近づくことが出来ます。

この他にも色んな利点があります

なぜなら人間である限りすべて鍵は心にあるからです。

自分の心をコントロールし、現実を変化させ、相手の心を導く事は、すべての行いに直結しています。

どこでその力を発揮するかはあなたの自由です。

合氣道を上達させると同時に、求める現実を掴むために合氣道から学んでください。

その為にこの「合氣道Q&A集」を使ってほしいと思います。

私自身もこれを作りながら、日々の自分を変えるために行動を続けています。

「誰かがいつか変化するきっかけを与えてくれる」

そう思っている限り変わることはないでしょう。

変わるためには、自分の意思で新たな行動を生み出すしかありません。

そのきっかけに、この「合氣道Q&A集・人間力レベルアップ講座」をぜひ聞いてみて下さい。

合氣道Q&A集
人間力レベルアップ講座

登録フォーム


a:1054 t:2 y:2

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK