イノチをみがけ!(泥団子も磨けば輝く!)

生きる目的みたいなものを考えたことはありますか?

私はいろいろ考えたすえに、
今はこの答えにたどり着いています。

一言にまとめると
「自らを成長させる」ことです。


以前にも書いたことがあるともいますが、
その成長は自分だけの成長ではなく、

周囲と共に歩む成長が不可欠!

自分の成長として誰かの成長をお手伝いする意識が
必要だと私は思っています。


で、今回は「イノチをみがけ!」
という題名にしたのですが、

その事を強く思う出来事があって
今回は素直な気持ちをそのまま書こうと思います。





先ほども言ったように成長こそが目的なのですが、
どうすれば成長できるかがポイントとなります。

そこを自分の中でしっかり認識できていないと、
自分のイノチがみがけないのです!


人によってイノチのみがき方はさまざまで、
学問、スポーツ、人間関係、読書、子育てなど、

どのようなことからでもイノチをみがくことが可能です。

どのようなことであっても可能だとは言いましたが、
ストレスに立ち向かうという前提がなければイノチはみがけません。

自分自身でどう行動すればいいのかを分かっているのに、
恐怖を感じて行動できないことが誰にもあるはずです。


本来ならストレスを感じる必要がないことを
私たちの未熟さがストレス生み出しているので、

ストレスを感じる出来事とどのように向き合うかで
成長できるかが決まってきます。

ストレスを感じるとそれを避けようとするのが動物なので、
人間的成長を得るにはストレスを成長の材料として捉える思考が必要なのです。


今回私が「イノチをみがかなければ!」と思う原因となった出来事は、
私の身近にいる人が突然亡くなったことです。

二日前に元気に会話していた相手の人生が
突然終わるということを目の当たりにし、

同じように私自身の人生が突然終わることを想像してみたのですが、
今のまま終わらせてしまうことは絶対に避けたいと思ってしまいました。


その理由は結果を出していないからとかではなく
ストレスと向き合うことを避けて、

変化を怖がっている自分を感じているからです。


死んでしまえば仕方のないことですし
生きているのに死を恐怖しても仕方がないのですが、

「死」という人生の終着点を納得できないものにしたくないんです。

「こんな現状を人生の終着点にしたくない」と思ってしまったことが、
「イノチをみがかなければ!」と強く意識した切っ掛けです。


誰もが突然終わるかもしれない人生を歩んでいます。

そんな不確定要素で満たされている人生で、
イノチをみがくためにストレスと向き合い、

それに挑み乗り越え変化する・・・

それが私たち人間の成長の道だと考えています。


ぜひあなたも一緒に、イノチみがきをする人生を歩んでみませんか。





a:821 t:1 y:0

コメント


認証コード5609

コメントは管理者の承認後に表示されます。