闇鍋を楽しもう!

「お先真っ暗」という言葉をよく聞きますが、
あなたはどう感じますか?

多くの場合は先の見えない「不安」を表すと思いますが、
はたしてそれだけなのでしょうか?


あなたは闇鍋を知っていますか?

真っ暗の部屋で何が入っているのかわからない鍋を
みんなでドキドキしながらつつくものです。

実際やったことはないのですが、
まったく見えない鍋をつつくのは面白いと思います。


これは「お先真っ暗」な未来と同じです。

まったく見えない不安と
何が起こるかわからないワクワク

ただ不安をふくらまして怯えるのか

暗闇の中に光を見るのかは

あなたの心しだいです。

どちらも同じ暗闇なのに、
それを「怖がる人」と「楽しむ人」がいるのは
とても不思議に感じます。


その差を生むのはいったい何なのでしょう?

おそらくそこには私たちの勘違いが関係しています。

未来と言う闇の中にはいつも変化が存在しています。

しかし私たち人間は変化を嫌います。

いつも安心して生きていける事を望むので、
変化を遠ざける本能があるのです。


しかし変化を恐れるあまりに
今に執着してしまい、

変化しにくい環境を作ることに
一生懸命になってきました。

だから、

自分が確認できる今をいつも見ていたい

知らない所にはいかない

変化することは拒む

そして、変化を止められる

変化しないのではないかと・・・


しかし、必ず未来は変化していきます。

変化しないものなどありません。

一寸先は闇です。


「闇」は「変化」です。


その変化を前提に今を生きて、
自分自身で変化を生み出す生き方をすれば

必ず闇の中に光が見えてきます。

闇を楽しむことができます。

私たちが持つ大きな勘違い


「変化しない世界」
「予想どおりの未来」


そんな一方通行の思考を柔軟にできれば、

変化を恐れずに楽しむことができるのではないでしょうか。

コメント


認証コード7372

コメントは管理者の承認後に表示されます。