指導者のスタンス

指導者の中には、イライラしながら指導する人がいます。

しかし私は、そうならないようにしています。


「イライラする」というのは、
相手から期待したものが返ってこなかった時に起こる
未熟な感情です。

そこには何かを与えてもらいたいという
「相手に求める心」が存在します。

私は指導者のスタンスとして
「伝える者」という考えがあるので、

求めるを土台にしたイライラを表現する指導は
したくないと思っています。


もちろん相手に成長してほしい、上達してほしい
という期待はありますが、

その期待に応えて良い結果を私にもたらして欲しい
とは思っていません。

あくまでも「伝える立場になる者」が指導者です。

だからその結果に執着はしません。


中には一所懸命に指導しても変化しない方がいます。

そんな人に
「なぜ何度も同じことを言われているのに分からないんだ!」
と怒ってもしかたありません。

もちろん指導するときは、
相手がどうすれば成長できるのかを
真剣に考えて接することをしないといけないですが、

その指導をどう受け取るのか、何を学ぶのかは
相手に委ねています。


もちろん私も伝えたいことがあって指導をしているので、
その部分を伝えられるようには意識しますが、

それでも受け取る側が判断して
学ぶ部分を選択する方がいいと思っています。

なぜなら、
指導者は「指示し導く者」だからです。

「腕を引っ張って連れて行く者」ではありません。

いつまでも相手の手を引き進んではダメです。


指導の先は、
相手自身が判断し自らの意志で方向を決めて進むという
「自立」と「自律」を得てもらうのが目的があります。

その目的のために、
どう伝えるのかを工夫するのが「指導者」です。


相手に求める心が多くなれば
「イライラの指導者」になるので注意してくださいね。

期待はしてもそれに応えるかどうかは、
相手に委ねます。

相手にとって少しでも良い結果が訪れることを
祈って・・・

コメント


認証コード4394

コメントは管理者の承認後に表示されます。